スキップしてメイン コンテンツに移動

明和電機土佐社長を訪ね、アトリエを見学させて頂きました。

先日、当社の「ものづくり文化展」の特別審査員になって頂いた明和電機土佐社長を訪ね、アトリエを見学させて頂きました。

いちばん上の写真は、セーモンズという名前の作品で、風船から人口声帯に空気を送って歌を歌うという装置だそうです。よくみると声帯を動かすボールネジの両端に、当社のベアリングホルダが使われていました。実は以前明和電機さんがこのベアリングホルダを購入してくださったことは記憶にあったのですが、実際にアート作品に組み込まれているところを見れるとは思っていなかったのでとても感激しました!

見学のあと、みなさんと飲みに行きました。実は土佐社長さんとは、Maker Faire Tokyo 2014 で初めてお会いしたのですが、その時は短い時間のご挨拶だけでした。でも今回は、ゆっくりとお話をすることができ、土佐社長さんの人柄にふれることができました。土佐社長さんもスタッフの方も、すごくいい人たちで、明和電機さんには自然といい人、面白い人が集まってくるのだなあと感じた飲み会でした。

このブログの人気の投稿

鋳造ワークショップ@TechShop Tokyo に参加してきました

先日、TechShop Tokyoで開催された「鋳造ワークショップ~オリジナルiPhoneスタンド~」に参加してきました。材料は錫(すず)という金属をつかいました。柔らかくて手になじみ、どこか温もりを感じさせる不思議な金属です。木型は、薄い木の板を6枚ぐらい積み重ねたもので、それぞれの板はレーザーで加工してありました。つまり、二次元加工した板を何枚も積み重ねることで、三次元形状を作る方式になっています。型の設計は難しいかもしれませんが、レーザー加工で型が作れるというのは、夢がひろがりますね。